プログラムを開始するきっかけ作りで高齢者の健康維持強化

健康のための本や雑誌はたくさん出ていて、参考になる反面、全く異なる意見があって当惑することがあります。

健康のために必要なこと

健康のための本や雑誌はたくさん出ていて、参考になる反面、全く異なる意見があって当惑することがあります。例えば牛乳はカルシウムを多く含んでいるので毎日飲むべきだと書かれていたかと思えば、それほど多くは飲まない方が良いと書いてあるものもあり、どちらを信じたら良いか迷ってしまいます。でも結局のところ、どちらを選ぶかは自分次第ということでしょう。暴飲暴食や過度の喫煙など誰が聴いても体に悪かったり、周囲の人達に大きな迷惑をかける場合を除けば、本や雑誌の言いなりになるのではなく、自分で選んだやり方を大事にする方が良いでしょう。

そして自分なりの方法をしっかりと選ぶには、自分自身の体のことをいつも考えて把握しておく必要があります。どんなやり方をしたときに体調が良くなるのか、選んだやり方で後悔は生じなかったか、など常に体験を通して自分なりの健康法を意識することが大切です。また、健康と言った場合は体だけでなく心の方も大事なので、自分の今までのやり方で満足感や喜びを感じるかどうかを考えると同時に、感動したり安心感が湧いてくるなど、心の栄養になるような趣味を持ったり、体験を目指すことも良いことでしょう。一人ひとりが自分なりの方針で、それぞれの健康を考えて守っていく努力をすべきです。

おすすめ記事